家庭用イオン導入で変わったこと!米肌と比較!

冬は空気が乾燥していてシワができやすいと知っていましたので、保湿対策は徹底していました。

 

しかし、夏場は肌も脂っぽくなりますのでつい手を抜いてしまい、肌トラブルを起こしてしまいました。
夏場は湿度が高くて肌がべたつきますので水分は十分に足りているように感じていましたが、実際には紫外線による影響で水分不足に陥っていることも多いようです。

 

よく観察してみると、確かに脂っぽいわりにはつっぱっている部分もあって、水分が足りているようには見えません。

 

手を抜いたことで薄く現れてしまったシワを何とかしたいと思い、夏向けのスキンケアに本気で取り組むことにしました。

 

化粧品関係は米肌を使用!

 

ライスパワーなのでアレルギーなどの心配も軽減されます。
スキンケアの前に、紫外線が有害だということは分かっていますので、日傘や日焼け止めクリームで紫外線を浴びないようにすることは必須です。

これで新たな肌トラブルを起こすリスクを下げることができますので、現在現れているトラブルのケアに集中することができます。
徹底して行ったのは、米肌でお風呂上がりの保湿ケアです。

 

かさつきを抑えるためにセラミドを取り入れ、化粧品をつけた後は手の平の熱を利用して深くまでしみ込ませるようにしました。

 

家庭用のイオン導入も利用しており、毎日ではありませんが2~3日に1回のペースでケアを行うようにしました。

段々と脂っぽい部分の皮脂量が落ち着いてきて、かさついていた部分もしっとりとしてきたと感じた頃、シミも薄くなっていることに気付きました。

 

実は肌中の水分と油分のバランスがちょうど良くなると細胞の働きが活発になり、古い細胞の排出がスピーディーに行われるようになるそうです。

 

その結果、小さなシミもかなり目立たなくなり、シワも薄くすることができました。
湿度の高い夏が終わったら、少しずつ空気が乾燥していきます。冬になったら冬用の対策に切り替えないと、30代の肌はすぐに疲れて見えてしまいます。

 

冬場はより保湿を徹底し、しっとりタイプの化粧品で乗り切ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA