米肌でスキンケアは充分?口コミから評価は?

スキンケアをしているのに時間が経つと乾燥を感じたり、洗顔後すぐに肌がツッパるという方は多くいます。

 

 

その原因は肌に潤いを与えても、その潤い成分が逃げてしまっているからです。

 

肌には本来、保水力があります。

 

 

しかし、加齢などにより保水力は低下してしまいます。

 

 

そのため潤いを与えても、それを維持する力が弱く、すぐに乾燥してしまうのです。

 

 

そんな潤い不足の肌に効果的なスキンケアが「米肌」です。

 

 

「米肌」にはライスパワーNo.11という肌の保水力を高める成分が配合されています。

 

 

お米由来の成分で自活保湿を促す効果があります。

 

その理由は肌内部の保水成分であるセラミドの産生を促すことができるからです。

 

 

セラミドとは肌細胞間に存在する成分で、水分を溜め込むことで細胞間を埋めて肌にハリを与えるとともに外部刺激を受けにくくする効果があります。

 

 

しかし、このセラミドは加齢とともに減少してしまいます。

 

 

そのため、肌の保水力が低下し、乾燥しやすい肌質になってしまうのです。

 

 

しかし、「米肌」を使い続けることで肌内部のセラミドを増やし、肌の保水力を高めることができます。

 

 

そのため洗顔後の肌のツッパりや乾燥肌を改善することができるのです。

 

 
そんな「米肌」を使用した方の口コミは高評価です。

 

 

今まで基礎化粧品だけでは乾燥が気になっていたという方からは「乾燥が気にならなくなった」という声や、40代の方からは「赤ちゃんみたいなつるつる肌になった」、30代の方からは「肌がしっとりして小じわが目立たなくなった」、「朝使うと夜まで化粧崩れしない」という声があります。

 

 
このように「米肌」には肌の保水力を高めて、乾燥しがちな肌を改善する効果があります。

 

 

肌トラブルの多くは肌が乾燥して刺激に弱くなることで起こりやすくなりますが、「米肌」にはそのような肌状態を整える効果があります。

 

 

そのため、エイジングサインや肌荒れを予防してキメの整った肌にすることができるのです。

米肌は敏感肌に有効?ライスパワーの仕組みは!?

米肌で自分でなかなか気付くことがないかくれ乾燥肌を改善です。

 

 

肌トラブルは乾燥肌によって引き起こされることが大きな要因になっており2人に1人はかくれ乾燥肌である可能性があるのです。

 


洗顔後にすぐ化粧水をつけないと肌がつっぱる、化粧水を沢山つけても保湿している感じがしない、浸透を実感しても暫くすると乾燥する気がするなどの状態は今でのスキンケアが間違っていたことが考えられます。

 

 

今での保湿のやり方は潤いが逃げていた可能性があるのです。

 

 

即席の潤いだったために肌力が低下してしまい肌が敏感肌になってしまったり乾燥や毛穴、ハリ不足などの肌トラブルや悩みとなっているのです。

 

 

これらの肌トラブルを改善するためには自ら潤いを作り出す肌になることが大切なことなのです。

 

 

今までのスキンケアでは一瞬は潤いのある肌になりますが、時間が経つと水分が無くなってしまいます。

 

 

これを解消するには米肌です。

 

米肌は肌に潤いを入れ、セラミドの働きを助けて肌が自ら潤いを作り出すようになるのです。

 

 

米肌を使うことで角層深部の保湿力をサポートし、高い保湿成分で乾燥や紫外線から肌を守る成分が配合されており、肌内部の水分だけではなく空気中の水分までのも取り込み、それを抱えることでダメージから肌を保護するのです。

 

 
敏感肌や乾燥肌で悩みがある場合でも米肌を使うことで潤いのある毛穴が気にならないハリのある肌になることが期待できるのです。

 

 

この潤いはライスパワーN011です。

 

 

これは自活保湿が期待できる成分で日本酒を作る発酵技術を使い100%国産白米を90日間発酵、熟成させることで丁寧に抽出された成分なのです。

 

 

これにより肌が自ら潤う力を改善できると認められた唯一の有効成分となるのです。

 

 
米肌にはセラミドを産生するライスパワーNo11を高濃度で配合して、敏感肌や乾燥肌、毛穴の目立つ肌、ハリのない肌などの肌トラブルを改善することが期待できる化粧品なのです。

米肌は乾燥肌の人に効果はあるの?30代からでも間に合うのか?

乾燥肌はシワやたるみを招くだけではなく大人ニキビを誘発する原因にもなります。

 

 

また加齢とともに肌の水分量が低下してしまうと帯状毛穴につながります。

 

 

乾燥肌には保湿が重要ですが、化粧水をたくさん使用したりクリームを過剰につけるようなスキンケアはまちがいです。

 

 

根本から乾燥肌を改善したいかたは化粧品の成分を見直してみましょう。

 

 

おすすめなのはライスパワーエキスを使用している米肌です。

 

ブランド名からもわかるようにお米から抽出された成分「ライスパワーNo.11」を配合しています。

 

 

この成分は国産の白米を発酵、熟成を繰り返して抽出されたものです。

 

 

お手入れによる一時的な肌の水分量を増やすのではなく、肌の水分保持力を高める力をもっています。

 

 

美肌には不可欠であるセラミドを作り出してくれるのです。

 

 

またビフィズス菌、セトステアリルアルコール、納豆エキス、クエン酸などの成分も配合されています。

 

 

市販されている化粧品のなかにはお米由来の製品もありますが、他製品と比較すると米肌はより高保湿です。

 

 

おもに30代以上の女性を対象としているので深刻な乾燥肌に悩むかたに向いています。

 

 

米肌のスキンケアラインは石鹸、化粧水、エッセンス、ジェルクリーム、クリーム、化粧水マスクとなってます。

 

 

はじめて使用するかたには14日間トライアルキットがおすすめです。

 

 

実際に米肌を使用されたかたの口コミによると敏感肌でも刺激ない、肌のきめが細かくなって毛穴が消えたとの声があります。

 

 

トライアルキットに含まれている化粧水マスクは非売品なのでかなりお得感のある内容となっています。

 

 

米肌のスキンケアのなかでもとくに支持されているのは石鹸です。

 

この石鹸にはブースター効果があるので、まるでプレ化粧水をつかったあとのような柔らかい肌に導いてくれます。

 

 

そのあとに使用する化粧水の浸透力をあげてくれます。

 

 

単品でスキンケアに取り入れるよりもラインで使ったほうが相乗効果でより効果を発揮してくれます。

米肌の効果を試すにはトライアルセットがおすすめ?口コミから検証!

米肌は肌を乾燥から守りながら、気になる毛穴のたるみや肌のくすみなどに働きかけていくスキンケア製品です。

 

 

口コミでは乾燥肌や敏感肌だけでなく、水分バランスが崩れてしまった混合肌や脂性肌の利用も目立っています

 

 

米肌には14日間お試しできるトライアルセットがあり、肌の悩みに合わせて3つのシリーズから選べます。

 
このトライアルセットを実際に使ってみた方の口コミによると、肌へのうるおい効果が高いスキンケア製品で、低刺激なので使いやすいという評価になっています。

 

 

「化粧水を色々試してみましたが、米肌はお手入れした後の肌がいつまでもしっとりしているので気に入っています。」

 

「目元の乾燥がひどくなってきたので、使ってみました。14日間使ってみて肌の乾燥がかなり落ち着いてきたので、目元には重ね付けしてケアしています。適度なとろみがあるので使いやすく、だんだんシワが目立たなくなってきたようなので嬉しいです。」

 

 

これらの米肌 効果はこちらのサイトを参考にさせていただきました。

 

 
米肌の化粧水には、水分保持力を高める働きを持つライスパワーNo.11が配合されています。

 

 

お米から作られたライスパワーエキスは、減少したセラミドを増やし細胞間脂質を整える効果が確認されています。

 

 

この他にも、ビフィズス菌発酵エキスと大豆発酵エキス、天然保湿因子の乳酸Naなどの保湿成分を配合して、水分不足で乾いた肌をふっくらと調えていきます。

 

 

ただ、乾燥が進んで硬くなった肌は、美容成分を吸収しにくい状態です。

 

 

そこで米肌の化粧水は角層柔軟性オイルをプラスして、肌表面を柔らかくして、保湿成分の浸透力を高めています。

 

 
米肌シリーズには、メラニンの生成を抑える効果が期待できる美白化粧水もあり、買い替えに便利なパウチに入った詰め替え用もあります。

 

みずみずしさをキープするジェルクリームや、ハリ感アップのリフトクリーム、なめらかな質感に肌を整えてくれる美容液も口コミ人気が高いので、米肌を使ってみたい時は便利なトライアルセットから始めてみてはいかがでしょうか。

米肌の効果的な使い方!泡立てネットは必須!?

どれほど良い成分が含有されている化粧品だとしても、誤った使い方を続けていると正しい効果が得られる前に使い切ってしまいます。

 

 
そのような事は米肌においても例外ではなく、他製品を圧倒する程の高い効能を完璧に手に入れたいのなら正しい使い方を意識すべきです。

 

 
まず、米肌の石鹸で肌の表面に付いている汚れを徹底的に綺麗にし、肌の状態を清潔にしていきます。

 

 
洗顔のためにはキメが細かい泡を生み出す必要があるのですが、元来キメが細かい泡を作り出そうとした時に泡立てネットが必要になります。

 


しかし、米肌なら泡立てネットを用意しなくても、自分の手のみで密度が濃いものが作り出せます。

 

 
密度が濃い事により、洗顔後に突っ張った印象にならず、柔軟性が保たれた肌になります。

 

 
次に、埃や皮脂などの汚れを綺麗に取り除いたところで、米肌の化粧水を塗布して潤いをプラスしていきます。

 

 
米肌の化粧水というのは、吸い付くような印象が感じられるので、塗布した瞬間から馴染んでいき、すぐに水分量が回復していく様子がわかります。

 

 
続いて、改善するためのエッセンスで環境が乱れている肌質を整えていくことになります。

 

 
ライスパワーエキスという美容に最適な成分が深層部まで染みていくので、圧倒的に他の製品とは潤いに違いが見受けられるようになるのです。

 

 
その結果、艶と共に透明感も強く見受けられる様子になり、メイクをした時の見た目も良くなります。

 

 
最後の仕上げとして行なうべきなのは、米肌のシリーズの中で唯一のクリームを使ったケアです。

 


これまで行ってきた作業を無駄にしないために、クリームで潤いを閉じ込めてあげるというイメージで進めていきましょう。

 

 
クリームは発酵技術というものを応用することにより生成されているので、モイストキープの他にバリア機能も有しています。

 

 
そのため、これまでは乾燥が気になる時間になっても、相変わらず良好な肌環境が続いているということになるのです。